【ご紹介】合同会社セカンドライフ様

キャプチャ

2016年09月25日:配信

都会で仕事をしていると、ふと田舎の大自然でのんびりしたくなる時があります。


近年では古民家や田舎暮らしが人気のようで

テレビのコーナーでもよく見かけるようになりました。


ただ何年か前までは、若い方が田舎の方に移住された際に、仕事の面や子供の学校の事で

悩まれるケースが多かったようです。

しかし現在では、転居された方へ市や自治体がサポートする地域も増えてきて

環境も整いつつあるようです。


そこで今回も弊社でWebのコンサルティングをさせていただいている

古民家専門の不動産業のクライアント様のご紹介を致します。


合同会社セカンドライフ様です。

キャプチャ
>ホームページはこちらからご覧ください

セカンドライフ様は女性がご代表をされており

細かな部分まで丁寧に対応してくださいます。

私も実家の土地や畑の事で相談させていただいていて

専門家の意見を聞く事ができて非常に参考になっています。


不動産の買取についても、販売についてもサポートしてくださいますので

古民家や移住についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご相談されてみてはいかがでしょうか?

合同会社セカンドライフ様が選ばれる3つのポイント

合同会社セカンドライフ様が選ばれる3つのポイント
セカンドライフ様が心掛けていらっしゃるポイントが3つあります。

①女性スタッフならではの視点でアドバイス
→ご家族で移住される際に、ご主人よりも奥様が不安に思われているケースが多く、女性目線の意見が非常に好評のようです。

②丁寧なアフターフォロー
→地元にうまく馴染めるかに不安を持っている方もいるそうなので、
近隣の方や役所への挨拶やご紹介もされているそうです。
初めて住む土地であれば、こういったフォローは本当に助かりますね。

③リフォームにも対応
→古民家にそのまま住むというよりは、ほとんどの方が改装を希望されるそうなので、
小さなリフォームから全面改修まで幅広く対応されているそうです。
購入する際に一括で依頼できるとスムーズなので助かりますよね。

購入する側からすると、どんな些細な事でも相談に乗ってほしいものです。
このような心遣いやサポートがあると心強いですね。

こんな方が田舎暮らしを希望されています

こんな方が田舎暮らしを希望されています
何年か前までは、老後の生活拠点を田舎に移して生活される方が多かったそうですが、
最近では下記のような方からの問合せが増えてきているそうです。

①田舎で過ごした子供のころを懐かしく思い定住したい
②家庭菜園を楽しみながらゆっくりと田舎で暮らしたい方
③仕事が定年になるので先に古民家を購入し、老後は田舎で暮らしたい方
④週末だけ自然の中で畑や趣味を楽しみたい方
⑤子供さんやお孫さんと一緒に田舎でのんびり生活されたい方

冒頭でお話しした市や自治体などのサポートが増えてきたのも
こうしたご相談内容の変化に関係があるのかもしれませんね。

コンサルティング内容について

コンサルティング内容について
ホームページを制作した会社でコンサルティングを受けていたそうですが、
全く効果がでずに数年間経過した事もあり、弊社にご相談をいただきました。

ご代表がパソコンが苦手という事もあり、
大まかな方針や目的を決めていただき、
それに対してプランニングを行っています。

具体的にはお伝えできないのですが
現在は、ホームページ内のキーワード調整と
キーワードに対してのコンテンツ作成を進めています。

まとめ

今でも多くのホームページ制作会社が
修正依頼があった時のみ対応するサポート体制をとっています。

これではホームページをどう運用したらいいか分からないお客様は
本当にホームページを更新しないままになってしまいます。

そういった知識の少ない方へのアドバイスも
ホームページ制作会社の仕事だと当社は考えています。

長いお付き合いをしていただくために
クライアント様にも基本だけでも理解していただき
楽しんでホームページを運用していただけるよう心掛けています。
Copyrights © KIZUNAクリエイティブ All Rights Reserved.
ページ先頭へ