よいデザインとは?

top-svcmenu_img01

2016年08月19日:配信

ウェブサイト制作のお問い合わせで多い内容として「よいデザイン」「効果の出るデザイン」という言葉を耳にします。 もちろん綺麗なデザインである事は大前提です。 これからウェブサイトを制作する事を検討されている企業様にとっては、「決して安くない」費用を出して制作されるため、非常に重要な項目の一つではないでしょうか? このデザインについて少し触れたいと思います。

デザインの感じ方は人それぞれ

デザインの感じ方は人それぞれ
色の好みが十人十色なのと同じで、簡潔に結論を述べるとデザインの好みも「人それぞれ」です。

ウェブサイトにアクセスするユーザー、ウェブサイトの運営者、ウェブサイトの制作者、それぞれが違う感性を持っています。

したがって「よいデザイン」というのは、途方もなく広域な意味の言葉になってきます。
例えるなら「よい家を建てたい」というのと同じなのです。



「耐震性についてですか?」
「使い勝手のよい間取りですか?」
「壁や建材の素材にこだわりがある家ですか?」

お問い合わせをいただく時点で、この内容が明確になっている方は、まずいらっしゃらないと思います。
ウェブサイト制作についても同じ事が言えます。

「ターゲットは誰に見てほしいのか?」
「どのような目的でウェブサイトを作るのか?」
などポイントは多岐にわたりますが、まずご自身のお考えを整理してからデザインに進める事をお勧めします。

これまで多くのウェブサイト制作に関わってきましたが、これが「よいデザイン」、そして「よいウェブサイト」を作る一番の近道だと私は感じています。
Copyrights © KIZUNAクリエイティブ All Rights Reserved.
ページ先頭へ