播州秋祭り

宇原獅子舞保存会 梯子

2017年10月19日:配信


この時期になると全国各地で五穀豊穣の秋祭りが行われています。

心なしかワクワクして、お祭りに参加したくなりますよね。

こうした秋祭りや伝統芸能・郷土芸能が後世に残していける環境は素晴らしいと思います。


さて皆さんは兵庫県の播州地方(兵庫県南西部の姫路を中心としたエリア)をご存じでしょうか?

戦国時代の言い方をすると「播磨」と呼ばれていた地域です。


大小ありますが、

各自治体でこれだけ密度濃く伝統芸能が残っている地域はあまりないのではないでしょうか?


同じ兵庫県民でも神戸近辺の方は東(大阪方面)には行っても、

西(姫路方面)にはあまり行かない、行った事がないという話しをよく耳にします。

播州地方では大塩の獅子舞や喧嘩祭りが有名ですが、

それ以外にもたくさんの伝統芸能が残っていますので是非一度ご覧になってみてください。

本当に素晴らしいですよ。


私たちがホームページを管理させていただいている宇原獅子舞保存会様もこのエリアで活動されています

>ホームページはこちらからご覧ください

宇原獅子舞保存会とは?

宇原獅子舞保存会とは?
兵庫県西部の宍粟市に江戸時代から伝承されている獅子舞があります。
全国でも珍しい毛獅子の獅子舞です。

安政5年(1858年)に山崎藩主の本多忠明が肥前守を命じられ、その祝賀会で披露したという記録が残っているそうです。
中でも高さ5mの梯子の上で舞わす梯子獅子は圧巻で見ごたえ十分ですよ。
ご興味がある方はぜひご覧になってみてください。


一時は途絶えかけた時期もありましたが、村の若者たちによって運営維持されています。
現在は宍粟市の無形文化財として、自治体や市の協力を得て活動されています。

宇原獅子舞の特徴

宇原獅子舞の特徴
全国でも数少ない毛獅子で紺木綿布に馬のたてがみを縫い付けてあります。
雄は黒と茶のたてがみを、雌は白と赤茶のたてがみを使用し
雄雌いずれもハリコ製(重さ約6kg)で、黒漆の上に金箔を施してあるそうです。

今年は女性も獅子を舞わしたそうですが、この重さを舞わされたのはすごいと思います。

まるで本当の生き物のように低い姿勢で舞わすのが最大の特徴のようです。

伝統を継承していく思い

伝統を継承していく思い
宇原獅子舞保存会がある宍粟市山崎町宇原地区は150世帯ほどの地区で、
過疎化によりどんどん子供や若者の数も減っているようです。

「このままでは、これまで先人が守ってこられた伝統や技術がなくなってしまう」

そう思い、世代交代を機に
ホームページで情報発信していき、活動を広く認知してもらい
少しでも興味がある方を村以外からも募集していく方針に変更されたそうです。

また地方ローカルですが、ホームページを見てケーブルテレビさんが取材に来てくださったそうです。

情報は発信しなければ、誰も受け取ってくれません。
冒頭で上げさせていただいた「喧嘩祭り」や「大塩の獅子舞」などは
兵庫県でも非常に有名であり、情報発信をしなくても観光客が見に来てくれます。

ただ田舎の、さらに無名な伝統芸能であれば、どうでしょう?

年々過疎化が進み、存続自体ができなくなる。
または伝統や技術を知っていらっしゃる高齢の方も亡くなり
継承ができなくなっているという話は伝統芸能だけでなく、
伝統を守る事に関わっていらっしゃる方にとっては当然の悩みだと思います。
個人的には古来より伝承されてきたものが消えていくのは、非常に残念に思います。

本当に素晴らしい伝統芸能だからこそ、地区や市だけでけでなく
広い地域にPRしていき、町おこしや地方活性化になればと
ホームページを作成された宇原獅子舞保存会様のお考えは非常に素晴らしいと思います。
これからもご活躍を楽しみにしております。
そして私の地元でもある宍粟市のPRを宜しくお願いします。

まとめ

宇原獅子舞保存会様のホームページの管理は私たちにお任せいただいているので
ホームページの文章更新や設定、コンテンツ制作などを行っています。

その結果、約半年程かかりましたが、外部SEO対策をせずに
「兵庫県 獅子舞」で検索結果が1位となりました。
※競合でホームページを持っている団体が少ない事も理由の一つです

現在は、「兵庫県 伝統芸能」で上位表示の施策を行っている段階です。
1年後、どう変化していくか私も楽しみです。

秋祭りや伝統芸能は、使える予算が限られているので
全ての団体でホームページを持つのは難しいと思います。
ホームページでなくてもFacebookやブログなども使ってPRをしていき
素晴らしい伝統芸能や技術がいつまでも続いていく事を願っています。
Copyrights © KIZUNAクリエイティブ All Rights Reserved.
ページ先頭へ